>

ペットのサプリメント・医薬品

まず病院で診察してもらおう

ペットが病気にかかってしまったら、まず動物病院で診察してもらいましょう。
勝手に判断して誤った薬を飲ませてしまうのは、危険です。
しかし症状が変わらないままで、薬だけもらえれば通院の必要がない場合もあります。
そのような場合に、通販を利用する方が多いようです。
病院で処方された薬は、ドラッグストアでは販売しておりませんが、海外からなら購入することはできます。
通販なら海外から個人輸入することができます。
販売目的でないならば、薬事法で薬の個人輸入は認められていますので、可能です。
しかし個人で行うには手続きが煩わしいため、行っている方は少ないようです。
そのために利用するのが、個人輸入代行業者が輸入した薬の購入です。
信頼できる個人輸入代行業者なら安心して薬を通販で購入できます。

メリットとデメリット

メリットは、病院で購入するよりも安く、手軽に購入することができることです。
病院で処方される場合には、薬の値段は病院が決めた価格のため、高額になることもあります。
そのため、比較的安く購入ができます。
日本で未認可であっても、規制されていなければ大体のものを購入できます。
デメリットは、日本語の説明書がありませんので、使用方法を間違ってしまうと健康を害してしまう恐れがあることです。
用法・容量などには、注意が必要です。
薬の飲み合わせが悪い場合には副作用によって重篤な問題が発生する可能性もあります。
取り寄せする薬は、元々処方されていた薬と同じものが安心ですね。
薬は、自己判断はしないようにしましょう。
また、偽造品のものであったり、不衛生である可能性もありますので、大手通販サイトがおすすめです。


この記事をシェアする