>

体調面に不安を感じたら利用を検討してみては?

ペットサプリメントの種類

皮膚炎などのアレルギーや、脱毛や毛艶が悪い場合には、乳酸菌・セサミン・ビタミンE・ビオチンで腸内環境を整え免疫力を上げていきましょう。
関節痛や関節炎など関節の疾患に不安がある場合には、グルコサミン・コンドロイチンで加齢によって減少する軟骨成分を補充して動きをスムーズにしてくれます。
目の病気に不安を抱えて白内障の予防を目的とするなら、アントシアニン・アスタキサンチン・ルテイン・ベータカロテンで目の網膜の色素の働きを助け、病気の予防や眼精疲労に効果があります。
肝臓の健康維持には、S-アデノシル・メチオニン・マリアアザミ・タウリンを配合しているサプリメントなら代謝や解毒作用があり、肝臓機能を高めます。
また、老化予防には、EPA・DHA・コエンザイムQ10。
ダイエットには、カルニチン・アルギニン・ラクトフェリンで、すばやく脂肪を燃焼する効果があります。

ペットサプリメントを与える注意点

ペットサプリメントは食品のカテゴリですので、ペットフードでは足りない栄養素の補充として、給与量を守りましょう。
ペットフードの原材料、成分を確認して、必要な成分がペットフードにも含まれているとペットサプリメントで摂取する必要はないかもしれません。
ペットサプリメントには副作用はありませんが、原材料にアレルギーになるものが含まれていないかを確認しましょう。
初めての使用時は、少しずつ与えて様子を見てみましょう。
また、処方されている薬がある場合は、医師に事前に相談するようにします。
医薬品ではありませんので、病気やケガを治すことはできませんし、効果・効能に即効性はありません。
毎日与えることで症状が少しずつ緩和・改善されることが目的となります。


この記事をシェアする